Profile

 アカネ

Author: アカネ
社会人6年目で会社を辞め、夫(イギリス人トライアスリート)とともに自転車で海外へ旅に出ることになった20代女性。
旅歴: 学生時代にヨーロッパを主に、バックパッカー、アパート暮らしなど、色々な種類の旅行を経験。基本ひとり旅はしない主義。

★ランキングに参加してるので、良かったかクリック(1票)お願いします by アカネ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

スポンサー募集中!
Email: koni_coni☆yahoo.co.jp






Latest trackbacks
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
67位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
94

カンボジア自転車5日目: シェムリアップへ

カンボジア自転車旅行、プノンペンからシェムリアップを目指すルート最終回、昨日が5日目でした。今、シェムリアップにいます!無事、クリスマスの日に着きました!Sisophonから国道6号線でプノンペン方向に戻るルートで、走行距離105kmでした。出発地だったはずのプノンペンへの表示が。。距離長い上に、風がめちゃくちゃきつくて、正直昨日の感想を一言で言うと、「本当しんどかった!」。北から風が左前側からずっと吹いていて... カンボジア自転車旅行、プノンペンからシェムリアップを目指すルート最終回、昨日が5日目でした。<br><br>今、シェムリアップにいます!<br>無事、クリスマスの日に着きました!<br><br>Sisophonから国道6号線でプノンペン方向に戻るルートで、走行距離105kmでした。<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141226130858c28.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-72-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141226130858c28.jpg"/></a><br><br>出発地だったはずのプノンペンへの表示が。。<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141226131354faa.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-72-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141226131354faa.jpg"/></a><br><br>距離長い上に、風がめちゃくちゃきつくて、正直昨日の感想を一言で言うと、「本当しんどかった!」。<br>北から風が左前側からずっと吹いていて、アゲてた。<br><br>右からは太陽がてっていて、右側だけ日焼けするし。<br><br>でもこんないい写真が取れた。<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_201412261312455e1.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-72-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_201412261312455e1.jpg"/></a><br><br>5日目にして、思うのですが、カンボジアの国道は本当に真っ平らです。そもそも東西を渡る、舗装されている道が国道6号線と5号線しかないので、ひたすらフラットな一本道を進むだけです。<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141226131430eec.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-72-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141226131430eec.jpg"/></a><br><br>景観も、ひたすら田んぼ。本当に、どこまで行っても田んぼです!!<br>地雷がまだ埋まっているからオフロードしない方がいいと聞いていましたが、国道沿いは田んぼばかりで、地雷がありそうなところは特にありませんでした。<br><br>半分行ったKralanhという街でクリスマスランチ!<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141226131825abe.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-72-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141226131825abe.jpg"/></a><br><br>カンボジアのローカルフードです。<br><br>ランチの後は、またしても自転車ツーリングの人発見!!<br>対向車側だったので、シェムリアップから来たのかな?今回はソロの方でした!<br>見た感じ日本人かと思って、ジェームズが「日本人ですかーー!!?」って叫んだけど、お返事なかったので違ったのかも。いや、日本人だとしても、いきなり西洋人が、まさかカンボジアで自転車乗ってそんな日本語とか話すわけないと思って、聞き取れなかったのかも。真相は分からず…!笑<br><br>その後も何回か休憩して、エナジードリンク(Samurai)とか飲んで、やっとシェムリアップに近づいてきました。<br><br>ゴルフ場もあった!<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141226132451675.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-72-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141226132451675.jpg"/></a><br><br>それから、今まで田園風景ばっかりだったのにあたりはちょっと茂ってきました。<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141226132748a00.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-72-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141226132748a00.jpg"/></a><br><br>アンコールワットがありそうな雰囲気になってきた!?<br>国道からは見えませんでしたが。<br><br>あと、飛行機が着陸するのに降りてきた!めっちゃ近かった。<br>というか、飛行機とか久しぶりに見た!!<br><br>国道の横にも小川が。<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141226132924f87.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-72-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141226132924f87.jpg"/></a><br><br>水路の技術も街が発展した理由の一つらしいので、何と無く古都イメージが湧いてきました。<br><br>---------- <br><br>シェムリアップ、めっちゃ賑わってますね、意外とパーティータウンだと思いました!パブストリートとかあるし!(ドラフトビール50セントだし)<br><br>では、もちろんここではアンコールワットの見学とかしたいので、自転車旅行はしばらくお休みします。<br><br>アンコールワットで年越しして、次はポイペットという国境の街まで行って、タイに入国予定!<br>
93

カンボジア自転車4日目: Sisophonへ

Battambangに着いてから、結局そこに2泊して、バンブートレインに乗ったり、キリングケイブやワットの見学をしていました。今日は3日ぶりの自転車!カンボジア、自転車旅行は4日目でSisophonという街を目指しました。70kmと、連日のカンボジア内移動では一番短い日です。でも今日はジェームズの体調があまり良くなかったので、ゆっくり目で。まず、朝ホテルのロビー降りたら、同じく自転車旅行中というカナダ人に出会いました!も... Battambangに着いてから、結局そこに2泊して、バンブートレインに乗ったり、キリングケイブやワットの見学をしていました。<br><br>今日は3日ぶりの自転車!<br>カンボジア、自転車旅行は4日目でSisophonという街を目指しました。70kmと、連日のカンボジア内移動では一番短い日です。<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141225001827492.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-72-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141225001827492.jpg"/></a><br><br>でも今日はジェームズの体調があまり良くなかったので、ゆっくり目で。<br><br>まず、朝ホテルのロビー降りたら、同じく自転車旅行中というカナダ人に出会いました!<br>もう定年退職してるらしいけど、ホーチミン→ハノイも2年前くらいに走って、今回はタイ→カンボジア→ラオスを走っているらしい。これまでにも何度もアジアに来ているらしい。<br><br>定年退職した人でもやっている!奥さんらしき人とお友達と四人旅。楽しそう。こんな老後を送りたいなぁ。<br><br>それにしても、カンボジアに来てから自転車旅行者率が上がった。<br>このホテル、他にも明らかにツーリングしてると見られる自転車が置いてあったし。<br><br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141225001402e1f.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-72-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141225001402e1f.jpg"/></a><br><br>カンボジアはフラットだから、走りやすいのかも?本当にフラットです。<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_2014122500174367c.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-72-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_2014122500174367c.jpg"/></a><br><br>…正直、今日は適当に走ったので特に特記事項なしです。。<br><br>ジェームズがずっとしんどそうでした。<br>あ、それで20kmくらい言ったところで、しんどすぎるからバスに乗ろうとしたのですが、昼前のそこからだとシエムリップ行きがないとのことでした。。<br>なので、自転車で頑張りました。<br><br>唯一、途中気になって、私がどうしても買ってみたかったから写真に収めたもの。<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_201412250024060ad.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-72-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_201412250024060ad.jpg"/></a><br><br>Sisophonに近づいたらこれがたくさん売ってました。竹の筒に入った、お赤飯みたいなものでした。<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141225003214fe0.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-72-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141225003214fe0.jpg"/></a><br><br>味はちょっと甘め。塩っぱくはなかった。でも、やっぱもち米は美味しいネ!<br><br>そんなこんなで、Sisophonに到着。<br>ここ、結構大きい街です。<br>今のところ順番で言うと<br>Kampong Chhnang < Pursat < Sisophon < Battambang < Phnom Penhという感じ。<br><br>ホテルやゲストハウス、レストランもいっぱいあります!<br><br>あと、今日はクリスマスイブということで、この街にあった教会にクリスマス礼拝(カンボジアスタイルはひと味違ったけど)に行ってきました!<br>「聖しこの夜」を聴いて、半袖だけどやっとクリスマスを感じました。。<br><br>Marry Christmas! <br>
91

カンボジア自転車3日目: Battambang へ

カンボジア横断の自転車旅行、3日目です。(昨日の話)プノンペン→Kampong Chhnang→Pursatと移動してきて、この日の目的地、カンボジア第二の都市Battambangを目指しました。3日間で一番長い走行距離の105kmを移動の予定です。なのに、朝見たらジェームズ(夫)の自転車の後輪がパンク!!しかもスペアで持ってきていたチューブも修理の跡でボロボロで、あまり当てにならない感じでした。修理を施した頃には予定より30分くらい遅れて出... カンボジア横断の自転車旅行、3日目です。(昨日の話)<br><br>プノンペン→Kampong Chhnang→Pursatと移動してきて、この日の目的地、カンボジア第二の都市Battambangを目指しました。<br>3日間で一番長い走行距離の105kmを移動の予定です。<br><br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141222173855c7c.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141222173855c7c.jpg"/></a><br><br>なのに、朝見たらジェームズ(夫)の自転車の後輪がパンク!!<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141222173935f61.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141222173935f61.jpg"/></a><br><br>しかもスペアで持ってきていたチューブも修理の跡でボロボロで、あまり当てにならない感じでした。修理を施した頃には予定より30分くらい遅れて出発になりました。<br><br>この日は朝からチャーハン!<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141221232130f7c.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141221232130f7c.jpg"/></a><br><br>おしゃれカフェ系の加工してみた。でも普通に庶民のお店の(家具は重たい木製)チャーハンでした!<br><br>風も少なめの日で始めは好調でした。始めの1時間は時速20km弱でした。<br><br>国道は色んな車が通って行きます。<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_201412212327378bd.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_201412212327378bd.jpg"/></a><br><br>こんなのも。<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_201412221517307d9.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_201412221517307d9.jpg"/></a><br><br>他にもミニバンみたいな車に大量に人が乗った(リアトランクも全開にして、屋根にも乗ってる)車や、農業車、ベットのスプリングマットをたくさん積んだバイクで引っ張っている小型車など、日本だと違反っぽい車などなど。<br><br>国道の外にはこんなのがいます。<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141222151803253.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141222151803253.jpg"/></a><br><br>道沿いで、こんなものをよく売っています。<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141221234845543.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141221234845543.jpg"/></a><br><br>塩をかけて干されたような小さい貝です。<br>見ていると小さい女の子が自転車で来て買って行きました。その隣で中学生くらいの男のも、バイクで通りすがった茶髪に髪染めたおねえさんも、買って行きます。みんな、買う前から勝手に幾つか食べてつまみ食いをしていました。<br>これ、プノンペンでもリヤカーとかで売ってる人がいて、めっちゃ気になっていたので、私も一個味見させてもらいました。<br><br><strong>ジェームズ:</strong> そんな開いてない生の貝よく食べるね。<br><br>そう言われると、確かに危険な気がするけど、、もう食べちゃいました。<br><br>味は…めっちゃ美味しい!<br>日本人も絶対好きな味。<br>塩っぱくて、ニンニクっぽくて、ピリ辛!ビール合いそう。<br><br>同じ店でココナッツジュースも買いました。一個50円くらい。<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141222151849db2.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141222151849db2.jpg"/></a><br>変な写真。笑<br><br><br><br>お昼はMoung Ruesseiという街で食べました。<br><br>お昼の後は、今朝修理したジェームズのタイヤがまたパンク!<br>見ると、修理した同じ場所です。<br><br>もうまともなチューブのスペアもないので、その場で修理しました。<br><br>ところで、チューブですが、それなら新しいの買えばいいのに!と思うかもしれませんが、実は同じフレンチスタイルのチューブが、ベトナムから探す限りこっちにはありません!!なので、今あるものを使いまわしていました。次売ってるところが見つかるまでしのいでるのです。<br>最悪見つからなかったら、穴を広げるしかない。<br><br>そうこうしてるとまたパンクが。<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141222151920d48.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141222151920d48.jpg"/></a><br><br>その後、Battambangに着いてから宿を探している時も空気がなくなって、パンク。もうしゃーないから宿まで押して行ったよ。。<br><br><br>因みにBattambang はとっても大きい街です!<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_201412221514222bb.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_201412221514222bb.jpg"/></a><br><br>カンボジア第二の都市らしい。フレンチコロニアルスタイルの建物も多く残っています。<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_2014122215155292e.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_2014122215155292e.jpg"/></a><br><br>観光客も意外と多くて、ベトナムのCan Thoとかより外国人がいる!古いワットとかバンブートレインとか、見どころも多いらしいので、休憩がてらここには2泊することになりましたー!<br><br>では、また。<br><br>
90

カンボジア自転車2日目: Pursatへ

自転車旅行、現在カンボジア横断中。2日目です。今朝、Kampong Chhnangを出発して、97kmほど離れたPursatという街を目指しました。Kampong Chhnangで朝ごはん。ベトナムのフォーみたいだけど、麺は細麺。味は、ベトナムより甘いスープ。私的にはベトナムのフォーの方が好きだった。。実はお昼ご飯も途中の街でほぼ同じものを食べたのですが、どっちも豚のホルモンみたいなのが入っていて、ホルモン苦手な私としては、スープがホル... 自転車旅行、現在カンボジア横断中。2日目です。<br><br>今朝、Kampong Chhnangを出発して、97kmほど離れたPursatという街を目指しました。<br><br>Kampong Chhnangで朝ごはん。<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_201412202014277b6.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_201412202014277b6.jpg"/></a><br><br>ベトナムのフォーみたいだけど、麺は細麺。味は、ベトナムより甘いスープ。<br>私的にはベトナムのフォーの方が好きだった。。<br>実はお昼ご飯も途中の街でほぼ同じものを食べたのですが、どっちも豚のホルモンみたいなのが入っていて、ホルモン苦手な私としては、スープがホルモンの匂いしてあまり好きな味ではなかった訳です~_~;<br><br>さて、自転車ですが、今日のルートはこんな感じ。<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_201412202018454cc.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_201412202018454cc.jpg"/></a><br><br>ひたすら西に移動。<br>この時期のカンボジアは朝は結構涼しです。でも太陽が出てくるとちょっと暑い。午前中は背中に太陽を感じて進みました。<br><br>アンコールワットみたいな形のきれいなお墓。ワットの中にあったから、僧侶とかのお墓なんでしょうか?と想像。<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_201412202020477f0.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_201412202020477f0.jpg"/></a><br><br>国道5号線、こういう道を走り続けます。<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_2014122020235579d.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_2014122020235579d.jpg"/></a><br><br>途中、Ponleyという街でランチ。さっきのあんまり美味しくなかった麺を食べたところ。<br>そういえば、今日は途中ゲストハウスあまり見かけませんでした。でも、Ponleyの前で一軒看板にGuesthouseと書いてあるところがありました。<br><br>それにしても国道5号線、車の速度が速い速い!<br>ベトナムの国道の比じゃない!<br>普通に100kmは出てる車が横を通り過ぎて行くのでめっちゃ怖い!!<br><br>水牛達も隙を見て横断。<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141220203843f54.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141220203843f54.jpg"/></a><br><br>でもトラックがー!<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141220211435b98.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141220211435b98.jpg"/></a><br><br>トラック、水牛に向かってめっちゃクラクション鳴らしてました。<br>水牛達もびびって駆け足で渡り終えました。引かれなくてよかった。。<br><br>途中休憩してエナジードリンク購入。<br>その名もSamurai。<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141220204040716.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141220204040716.jpg"/></a><br><br>コカコーラが販売してるもの。ジェームズ(夫)曰く、これは日本で言うburnらしいけど、そうなの?ストロベリー味やけど。<br><br>サムライを買った店の猫。<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_2014122020431275a.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_2014122020431275a.jpg"/></a><br><br>気持ち良さそうに寝てました。<br><br>ジェームズと綺麗な景色。<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141220204420315.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141220204420315.jpg"/></a><br><br>もうPursatの手前です。<br><br>橋を渡ってPursatに着きましたー!<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141220204528110.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141220204528110.jpg"/></a><br><br>昨日のKampong Chhnangよりでかそうな街。<br><br>ちょっと歩き回った印象としては、、家具が立派!ホテルもその辺のレストランも、なぜか木製の豪華そうな家具をふんだんに使っている。ベトナムのレストランとかプラスチックの椅子とテーブルだったのに。<br><br>----------<br><br>本日の平均時速はおそらく16kmくらい。<br>西向きルートだったからか昨日より風の影響は少なかった気がします。坂道もなかった。めっちゃフラットな道のりでした。<br><br>あっ!<br><br>あと最後に、本日この旅をして初めて他の自転車ツーリングしているカップルとすれ違いました!西洋人のカップルで、向こうはタンデム自転車という…!すごいね。<br>旅に出てから、ツーリングしてる人自体はソロで2、3回くらい自転車乗ってない時に見たけど、自転車中にすれ違うのは3ヶ月にして初だったのでちょっとテンション上がりました!
89

カンボジア自転車1日目: Kampong Chhnangへ

プノンペンからシエムリップまでのカンボジア自転車旅行、1日目です。本日の目的地は、プノンペンから93km離れたKampong Chhnang。今朝8:30位にゲストハウスを出発。プノンペンではLazy Geckoっていうところに泊まってました。朝ごはんも食べて、用意万端!さよならプノンペン…!今日のルート。国道5号線は、プノンペンからシエムリップ行きのバスとかも通るメジャーな道路で、ほぼ全部ちゃんと舗装されているようです。が、舗装さ... プノンペンからシエムリップまでのカンボジア自転車旅行、1日目です。<br><br>本日の目的地は、プノンペンから93km離れたKampong Chhnang。<br><br>今朝8:30位にゲストハウスを出発。<br><br>プノンペンではLazy Geckoっていうところに泊まってました。<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141219180938f5c.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141219180938f5c.jpg"/></a><br><br>朝ごはんも食べて、用意万端!<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141219181059216.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141219181059216.jpg"/></a><br><br>さよならプノンペン…!<br><br>今日のルート。<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_201412191815081b1.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_201412191815081b1.jpg"/></a><br><br>国道5号線は、プノンペンからシエムリップ行きのバスとかも通るメジャーな道路で、ほぼ全部ちゃんと舗装されているようです。<br><br>が、舗装されてないところは砂埃やばい!<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_201412191816284b4.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_201412191816284b4.jpg"/></a><br><br>ランチ食べる時に見たら、ヘルメットが砂まみれだった!<br><br>あと、向かい風がきつい!今更ですが、ロンリープラネット曰く、カンボジアは11月~2月は風の季節だそうです。<br><br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_201412191824521d6.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_201412191824521d6.jpg"/></a><br><br>気温は日本の秋のように快適なのですがめっちゃ北からの風がきついから、今日の自転車乗りもなかなか大変でした。。<br><br>途中、Oudongという街で昼食をとりました。<br><br>事前にネットでマップ検索した時には、ホテルやゲストハウスはカンポンチャン(Kampong Chhnang)まで出てこなかったのですが、Oudongを過ぎてから2軒くらいゲストハウスの看板を見かけました。<br><br>途中の綺麗な湖。<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141219182535a44.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141219182535a44.jpg"/></a><br><br>高い木がひょこひょこ生えてる草原地帯。(田園かも?)<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141219183204ca0.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141219183204ca0.jpg"/></a><br><br>何にもないところにいきなり現れたInternational University。まだオープンしてない様子。<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_2014121918325554f.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_2014121918325554f.jpg"/></a><br><br>----------<br><br>そして、16:00頃やっと目的地のKampong Chhnangに到着!<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_2014121918385903e.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_2014121918385903e.jpg"/></a><br><br>この街には、地図で載ってたよりもたくさんゲストハウスとかホテルがありましたよ!<br><br><br>それにしても、この道のりは坂道とかもほぼなかったのですが、なにせ向かい風だけがきつかった!<br><br>今日は時速14、5kmくらいでした(ー ー;)
87

プノンペンからシエムリップの自転車旅ルート

さて、プノンペンは今日で5日目。明日からは、自転車移動を再開してシエムリップを目指します。国道6号線を考えていたけど、なかなか宿がなさそうなので、国道5号線まわりにするとこにしました。たてたスケジュールはこんな感じ。調べてみたら途中、宿がありそうな街は100km位の間隔にしかないので、なかなか厳しいスケジュールです。Phnom Penh ↓Kampong Chhnang ↓Pursat (Pouthisat) ↓Battambang ↓Serei Saophoan ↓Siem Rea... さて、プノンペンは今日で5日目。<br>明日からは、自転車移動を再開してシエムリップを目指します。<br><br>国道6号線を考えていたけど、なかなか宿がなさそうなので、国道5号線まわりにするとこにしました。<br><br>たてたスケジュールはこんな感じ。<br><br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_201412181753187a3.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_201412181753187a3.jpg"/></a><br><br>調べてみたら途中、宿がありそうな街は100km位の間隔にしかないので、なかなか厳しいスケジュールです。<br><br>Phnom Penh<br> ↓<br>Kampong Chhnang<br> ↓<br>Pursat (Pouthisat)<br> ↓<br>Battambang<br> ↓<br>Serei Saophoan<br> ↓<br>Siem Reap<br><br>ベトナム最後の街、チャウドック(Chau Doc)でこれだけたくさんパンク修理キットも入手したので、<br><br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141218175934053.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141218175934053.jpg"/></a><br><br>あとは私の大量次第だ!<br>※トライアスリートあがりのジェームスには余裕っしょ。
86

トゥール・スレン(Tuol Sleng) 虐殺博物館(通称S21)を訪れて

トゥール・スレン(通称S21)をご存じでしょうか。プノンペンに来たら、私はここに行くと決めていました。でもここに行く数日前から心の準備ができず、色々と考えていました。今日ここに行ってきた後も、こんなこと二度とあってはいけない、みんな明らかに間違ったことを集団心理で流されてはいけないと強く思うけれど、そんな単純な意見だけでは考えがまとまらない。でも、同じ人間がしたこととして、知る義務があると思うので、こ... トゥール・スレン(通称S21)をご存じでしょうか。<br><br>プノンペンに来たら、私はここに行くと決めていました。でもここに行く数日前から心の準備ができず、色々と考えていました。<br><br>今日ここに行ってきた後も、こんなこと二度とあってはいけない、みんな明らかに間違ったことを集団心理で流されてはいけないと強く思うけれど、そんな単純な意見だけでは考えがまとまらない。<br>でも、同じ人間がしたこととして、知る義務があると思うので、ここに書きたいと思います。<br><br><br><strong><span style="font-size:large;">◼︎トゥール・スレン虐殺博物館について</span></strong><br><br>詳細は<a href="http://ja.m.wikipedia.org/wiki/S21_(トゥール・スレン)" title="Wikipediaリンク">Wikipediaリンク</a>を。<br><br>・1976年頃から<a href=http://ja.m.wikipedia.org/wiki/ポル・ポト" title="ポル・ポト">ポル・ポト</a>政権(クメール・ルージュ)下において政治犯収容所として使用された場所<br>・ここで行われていたことは国内国外限らず秘密であり、場所の呼び名に暗号のS21が使われた<br>・元々高校だった建物を「革命に学問は不要」というポル・ポトの考えにより収容所として使用された<br>・囚人は拷問・処刑され(拷問の苦しみから逃れるために嘘の自白をするしかなかった)、生きては帰れない場所であった<br>・2年9ヶ月の間に14,000~20,000人の人々が処刑された<br>・男性女性、少年少女、老人関係なく処刑された<br>・生き残った人はたったの8人のみ<br>・唯一生き残った人達の中には、機械を修理できる人や肖像画(幹部達の)を描くのがうまかった人、子供がいた<br>・1979年1月、ベトナム軍プノンペン制圧によりトゥールスレンが発見された<br>・トゥール・スレンでの出来事が公になった後もポル・ポトやその他幹部のイエン・サリ、タ・モク、キュー・サムファンは「拷問しろなどと命令した覚えはない」「トゥール・スレンなど私は知らない」と弁解している<br><br>ポルポト政権後は14歳以下の年齢の国民が85%程を占めていたと言います。<br>現在でも、30歳以上の人口の割合が非常に少ない。<br><br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_201412162259143d8.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_201412162259143d8.jpg"/></a><br>※グラフは上記Wikipediaより<br><br>----------<br><br>ここからは、今日、実際に行ってきた写真です。<br><br>博物館の入り口。<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_2014121619005565c.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_2014121619005565c.jpg"/></a><br><br>プノンペンの街の中に、突然あります。<br><br>大きな学校だったんだと思う。A棟からC棟と呼ばれる3階建ての建物があります。<br><br>左にある木製アーチで、逆さに吊るして水に漬けるという拷問が行われていた。<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_2014121619015698b.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_2014121619015698b.jpg"/></a><br><br>建物の床の至る所に血の後が残っている。本当に、至る所に。<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141216190549003.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141216190549003.jpg"/></a><br><br>収容者に与えられた規則。1番右側が英語、日本語は上記Wikipediaリンクを。<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_201412161907084f2.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_201412161907084f2.jpg"/></a><br><br>こんなのが規則だったらCIAやベトナムのスパイだと言うしかない。<br>正義のかけらもないと、読んでるだけで怒りが湧いてくる。<br><br>収容されていた人達の写真の一部。<br>男性女性、少年少女、老人など関係なかった。疑われた人達は片っ端から連れて来られた。<br><br>学のありそうな者(医者や教師など、それから眼鏡をかけている、文字が読める人も)は一番の標的となった。<br>当時の政府関係者や、その妻子も。<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141216190957ea3.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141216190957ea3.jpg"/></a><br><br>拷問によってスパイの仲間(そもそもスパイでないのに)の名前をあげさせられ、その人達も犠牲になった。(苦痛から逃れるのに何か言うしかなかった。)<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141216191133101.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141216191133101.jpg"/></a><br><br>みんな何もしていないのに処刑された。<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_201412161912002a6.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_201412161912002a6.jpg"/></a><br><br>生き残った人達はたったの8人。ここにある写真の人達はみんな虐殺されてしまったということ。<br>写真の中の人たちの目を見ていると、涙が出そうになる。悲しいとか、恐怖とか怒りとか、それだけじゃ説明できない気持ちになる。<br><br>自分はスパイだったという嘘の自白文章。英語にも翻訳されています。<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141216191543b98.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141216191543b98.jpg"/></a><br><br>拷問の苦しみから逃れるために、書くしかなかったことが伝わってくる。<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141216191636435.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141216191636435.jpg"/></a><br><br>独房のある建物有刺鉄線で囲われている。<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_2014121619183269d.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_2014121619183269d.jpg"/></a><br><br>独房は煉瓦で壁がつくられたもの、<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141216192315cb1.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141216192315cb1.jpg"/></a><br><br>木造のものがある。<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141216192204672.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141216192204672.jpg"/></a><br><br>看守だった人達の写真と言葉も展示されている。<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141216192413bb9.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141216192413bb9.jpg"/></a><br><br>看守達も、絶対秘密のS21を口外してはならないため、常に危険にさらされていた。のちに、多くに看守だった人達も口封じの為か、処刑されたという。<br><br>下記、Wikipediaからの参照:<br>「一度収容された囚人は有罪と決まっている→拷問し処刑する→S21の拷問と虐殺の実態が外部に漏れぬようにするため、ますます囚人を何が何でも有罪にして処刑しなければならない→さらに拷問が激化する」<br><br>正義のない、悪循環に陥っていた。<br><br>ナチス政権にも通じるけど、ポルポトのように指導者1人から、こんなに明らかに間違ったことがまかり通る自体に陥る可能性を人間という生き物が持っていることを怖いと感じる。<br><br>集団心理、洗脳、非個人化。<br><br>看守は今になって、本当はやりたくなかったと言っているけど、なぜその時NOと言わなかったのか?<br>そんな簡単な質問には意味がないかもしれないと思う。<br>
85

ベトナムChau Docからカンボジアに船で入国

ほぼ3ヶ月いたベトナムも、ヒザが切れるので本日出国しました。カンボジアへの国境越えルートは、陸路を考えていましたが、船(ボート)でプノンペンまでいっきに行って入国する手段にしました。 Ho Chi Minh(ホーチミン)を出た後はCan Tho(カントー)まで行き、更に我々にとってベトナム最後の街となるChau Doc(チャウドック)へ移動しました。メコンデルタの街並み。因みメコン川の流れるカントーからもカンボジア行きの船が出てるそ... ほぼ3ヶ月いたベトナムも、ヒザが切れるので本日出国しました。<br><br>カンボジアへの国境越えルートは、陸路を考えていましたが、船(ボート)でプノンペンまでいっきに行って入国する手段にしました。<br> <br>Ho Chi Minh(ホーチミン)を出た後はCan Tho(カントー)まで行き、更に我々にとってベトナム最後の街となるChau Doc(チャウドック)へ移動しました。<br><br>メコンデルタの街並み。<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141214174352224.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141214174352224.jpg"/></a><br><br>因みメコン川の流れるカントーからもカンボジア行きの船が出てるそうです。<br><br>チャウドックに着き、自転車で街の中を走っているとバイクに乗った男性が声をかけてきて、船乗るならうちの会社使わないか?と売り込みが。<br><br>その会社、ちょうど夫のジェームズが事前に調べて目星をつけていたらしいので、そのままその人のところで予約する、ホテルもその人の会社のに泊まることにしました。<br>会社はHang Chauというところです。<br><br>ホテルは温水シャワー、エアコン、冷蔵庫、扇風機付きのダブルベッド一個の部屋で2人で180,000ドン(1,000円弱)でした、悪くない。<br><br>船はSpeed boatというやつで、1人25USD。私たちは自転車があるので、自転車代が25USDの50%かかりました。<br><br>その他、カンボジアの国境を超える前にビザ代が1ヶ月滞在で1人34USDかかります。<br>※カンボジアのビザはどんどん値上がりしているそうで、一ヶ月前にもちょうど値上がりしたばかりらしい。<br><br>そんなわけで、今朝、そのボートに乗りました。<br><br>ホテルロビーで朝7:00集合。<br><br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141214175707617.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141214175707617.jpg"/></a><br><br>他にもこのホテルに泊まって見るからに今日カンボジア入りの人達(バックパッカーズ)が他にも6人くらいいました。<br>ボート乗り場までは徒歩5分くらいの場所です。<br><br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_2014121417561982f.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_2014121417561982f.jpg"/></a><br><br>さて、自転車も屋根に積んでもらって、7:30am、ボートが出発。<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_2014121417575470d.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_2014121417575470d.jpg"/></a><br><br>一応朝ごはんもついてる。<br><br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_201412152259348c2.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_201412152259348c2.jpg"/></a><br><br>中身はミニミニバナナとクラッカー、小さいスイスロールとペットボトルの水一本でした。<br><br>そうこうしているうちにベトナム側の国境オフィスに到着。<br><br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141214221113d89.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141214221113d89.jpg"/></a><br><br>ボートの添乗員さん(丁寧な英語でとてもいい人だった)がみんなのパスポートとビザの申請代を集めて代表して手続きしに行ってくれました。<br>よく、この手続き代行料とか言ってお金を取られるという話を聞きますが、そんなのなかった!<br><br>地図でいうとこの辺り。<br><br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141214221713f8a.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141214221713f8a.jpg"/></a><br><br>建物の中にはみんなで一度入らないといけなかったけど、中は無料Wi-Fiもありました。<br><br>オフィスを出た後も、そのまま船で進みます。景色は特に変わらないので、国境越えた感じは特にしません。<br>岸にある国旗だけ、カンボジアのものになりました。<br><br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141214221928b77.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141214221928b77.jpg"/></a><br><br>その後、ちょっとしてからカンボジア側のパスポートコントロールでまた船を降りました。<br><br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141214222031cc7.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141214222031cc7.jpg"/></a><br><br>さっきのベトナム側のオフィスで貼り付けてもらったビザの付いたパスポートを各自で持って、一人ひとり入国審査。<br>って、何にも質問されずに顔の確認→スタンプ押す、という感じでした。<br><br>入国完了!<br><br>なんだか、空港ではないところの入国って初めてなので変な感じです。<br><br>ヨーロッパとかは車とか電車で国境こえることはあったけど、特に何かした記憶が無いし。。<br><br><br>Chau Docから船に乗ってから5時間程で、プノンペンに到着!<br><br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141214222429d52.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141214222429d52.jpg"/></a><br><br>こう船から街が見えてくると、ちょっとテンション上がります。<br><br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_201412142225280df.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_201412142225280df.jpg"/></a><br><br>ホーチミンとかと比べると、高層ビルとか少なめですが、イオンとか東横インとかあって、またまだ開発中のエリアもあるのでこれからどんどんおっきくなる街なのでは?と第一印象から思いました。<br>あと、カンボジアは1979年までポルポト政権のせいで発展が遅れてしまったけれど、現在は資本主義の王国(2004年から新しい王様がいます)なので、共産主義のベトナムよりも発展スピードはもしかしたら早いのでは?!と思ったり。。<br><br>プノンペンではタイのビザの用意やらSIMカードの入手やらしたいので5日ほど滞在予定です。<br><br>では、また。
84

たまには文句も言いたくなる in ベトナム

そんなわけで、ベトナムの人達はとても陽気で親切で、ベトナムという国が大好きになったのですが、ちょっとばかり文句を言いたい時もあります。1. もっときれいに掃除して欲しい!国際的に見ても潔癖症である日本人の私から見ると、街とかホテルとか、やっぱりきたない。家の前の道路とか、テイクアウトの弁当箱とかビニール袋が落ちていたり、ちょっとゴミ拾えばきれいになるのに!とよく思う。※ベトナムでは、ゴミは適当に道路... そんなわけで、ベトナムの人達はとても陽気で親切で、ベトナムという国が大好きになったのですが、ちょっとばかり文句を言いたい時もあります。<br><br><span style="font-size:large;">1. もっときれいに掃除して欲しい!</span><br><br>国際的に見ても潔癖症である日本人の私から見ると、街とかホテルとか、やっぱりきたない。家の前の道路とか、テイクアウトの弁当箱とかビニール袋が落ちていたり、ちょっとゴミ拾えばきれいになるのに!とよく思う。<br>※ベトナムでは、ゴミは適当に道路に捨てておいて、夜とか清掃に来るからそうなるんだと思う。因みにペットボトルと空き缶は、どこにでも拾ってる人がいるので、捨てておいたらお金に変える人に拾われるんだと思う。<br><br>ホテルとかも、ここタワシで洗うだけできれいになるのに、<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141212214159d26.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141212214159d26.jpg"/></a><br><br>とか、<br>こんなティッシュ、拭いたらすぐ取れるのに、、<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141212214254f60.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141212214254f60.jpg"/></a><br><br>とか、<br>床にゴミ残ってますけど!<br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_201412122143390f5.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_201412122143390f5.jpg"/></a><br><br>とかよくある。<br> まぁ、泊まってるホテルが安ホテルだからってのはあるかもしれないけど、「~するだけで」きれいになるのに!<br>みたいなのが多くて、たまに思わず自分で掃除したくなる日本人の私。。<br><br>※もちろん、ホテルによっては安くてもきちんと掃除されているところもありますよ。<br><br><span style="font-size:large;">2. じろじろ見んのやめてくれませんか!?</span><br><br>ホーチミンやハノイならそんなことはないけど、イギリス人の夫と歩いているとめっちゃ、<strong><span style="font-size:large;">めっちゃ</span></strong>じろじろ見られる。単純に、パッと見てわかる外国人が珍しいからだと思います。そして、これについては日本でも同じだから、ベトナム人だけに言うことではないのですが。<br><br><strong>ジェームズ(夫):</strong> 日本でもめっちゃ見られたから、もう慣れてるけど、やっぱ感じがいいものではないね。<br><br>その気持ちが、今分かります。3ヶ月間ずっと、ジェームズの横で見ていると、バイクで通る人とか、ほぼ100%追い越し際に目で追いかけて、<strong>見る</strong>。(運転大丈夫かいな)<br>お店の前とか通っても、お店の中から目で追いかけて、<strong>見る</strong>。<br>歩道ですれ違い様にも、<strong><span style="font-size:large;">見る</span></strong>!<br><br><strong><span style="font-size:large;">どんだけ見んねん!</span></strong><br><br>ヨーロッパとか行っても、アジア人がそんなにじろじろ見られることはないので、アジアにいるアジア人以外の「見るからに外国人」という人たちが、どれだけじろじろ見られているかがここに来て本当に分かりました。<br><span style="font-size:x-large;">これ本当、感じのいいものではない</span>。<br><br>一方、アジア系の私が一人でベトナムの街で歩いていても、<strong>ぜんっぜん</strong>見られない。むしろ、たまにベトナム語でなんか話しかけられる。<br><br>日本も含めてアジアって、外国人をふっつうにじろじろ見てしまうんだなぁ。気をつけねば。<br><br><span style="font-size:large;">3. 路上の動物の死骸…</span><br><br>自転車で走っていると、道路にぺちゃんになった動物のの死骸がよくあります。ほんとによくあります。<br>多い時で2、3kmごとに一匹くらい。<br><br>何の動物って、ネズミとかイタチ?とか鳥とかヒキガエルとか蛇とか。。1度は水路の中に猫が浮いていた。<br><br>多くは、車やバイクに踏まれてほぼ一枚と呼べる形状でかぴかぴになっているのでもはやグロさはないけど、どうにかして欲しい!自転車走ってていきなりあるからびっくりする!!<br><br>…とはいえ、こういうのって日本でもあるはず。ジェームズ曰く、日本でも田舎道走ってたらたまに見かけるらしいし。<br>これまで日本で私が気づかなかったのは、誰かがどけてくれていたからなのか、それとも動物自体が減ってしまっているからなのか…。<br><br>色々考えることも出てきます。<br><br><span style="font-size:large;">4. 食べ物を床にペッてするのが嫌だ</span><br><br>1. にも通じるけど食堂とか、レストランとかで鶏肉の骨とか、口からペッて出して床に落とすの、汚いー。お昼過ぎにレストランに行くと、床に骨とか使用済みのティッシュとかめっちゃ落ちてるところでご飯食べないといけないから、食欲なくなる。<br><br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_2014121320025517a.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_2014121320025517a.jpg"/></a><br><br>思わずほうきを借りて掃除したくなる。<br>まぁ、もっとすごい国もあるけど。。<br><br><span style="font-size:large;">5. 早朝から工事開始する…まだ寝てるんですけど</span><br><br>こっちの人達は早起きです。学校とか会社とか、7:00から始まるらしい。<br>工事も早くから始まって、ホテルで寝てても朝7:00から、ホテルの改築なのかなんなのかドリルとか金槌とかの音がフロア中に響き渡ることも。<br><br>まだ寝てるんですけど!!<br><br>ってことが結構あった。<br>早起きで仕事も早くから始まるのはいいんだけど、さすがにホテルという場ではやめてほしい。<br><br><span style="font-size:large;">6. 外国人価格がある</span><br><br>だいたいのものは、外国人プライスを請求される。<br><br>ペットボトルの飲み物だとか、食べ物、いや何でも。<br><br>観光が経済の要であればこれはちょっと仕方ない部分もあるけれど、嫌なパターンが、ご飯とか食べ終わってから高額請求されること。<br>もう食べてしまったからどうしようもないね。<br><br>あと、価格を聞いてから買おうとしているのに、価格を答える前に商品を開封(ビールだとかココナッツミルクだとかその他も)してしまい、もう開けちゃったからいくらで買えっていうの。<br>もはやこれについてはたち悪いので「バイバイ」って言ってノータッチで去る。<br><br>言っておきますが、ベトナム人全員がそんな事するわけでは決してありません。外国人プライスを言ってこない対等に普通接してくれる人もたくさんいるし、自転車旅行を優しく応援してくれる人もたーっくさんいます。<br><br>そんな優しさに浸って、次の店でうっかり値段を始めに確認しないで同じものを注文したら2倍、3倍の値段を請求されるとかあるから、正直がっかりしてしまう。<br><br>----------<br><br>今回は愚痴特集になってしまいましたが、、どこの国でも良い面、悪い面、いい人と悪い人がいるのは同じこと。<br>どこどこの国だから、とかいうステレオタイプにとらわれないのと同じ。(…と言いつつ、私も「日本人は潔癖症」発言してるけど!)<br><br>上記の文句、裏を返せば、日本は潔癖症すぎて子供の頃かかるべき病気に子供の時にかからない人が増えていたり、ショップの値段は全て決まっているから人とのコミュニケーションが減ってしまったりとかの要素があるわけだし。<br><br>良いとか悪いとか言っているんじゃないんです。<br><br>ただの気ままな一個人の文句でした。<br><br><br>
83

自転車移動、メコンデルタ最大の街カントーへ

ホーチミンを出た後は、Chau Docというところから川沿いに船でカンボジアに入国する予定で、ちょっと寄り道してCan Tho(カントー)を目指すことに。カントーはメコンデルタ最大の街で、水上マーケットとかが有名です。途中、前行ったMy Tho(ミトー)を通りました。この街も結構大きいです。橋も立派。お決まりの、途中休憩。前までは練乳入りベトナムコーヒーばっかり飲んでいたけど、最近ハマっているのは、Shin To(シントー)!ベト... ホーチミンを出た後は、Chau Docというところから川沿いに船でカンボジアに入国する予定で、ちょっと寄り道してCan Tho(カントー)を目指すことに。<br><br>カントーはメコンデルタ最大の街で、水上マーケットとかが有名です。<br><br>途中、前行ったMy Tho(ミトー)を通りました。<br><br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141212022229831.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141212022229831.jpg"/></a><br><br>この街も結構大きいです。<br>橋も立派。<br><br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_201412120223555e2.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_201412120223555e2.jpg"/></a><br><br>お決まりの、途中休憩。<br>前までは練乳入りベトナムコーヒーばっかり飲んでいたけど、最近ハマっているのは、Shin To(シントー)!ベトナムのフルーツシェイクです。<br><br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_201412120225499db.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_201412120225499db.jpg"/></a><br><br>長距離自転車にはエネルギーとなるシュガーが必要。マンゴーもカットして食べたり。<br><br>まぁ、そのあとコーヒーも結局飲んでるけど!<br><br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_201412120227082c9.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_201412120227082c9.jpg"/></a><br><br>カフェインも有効らしい。<br><br>ひた走るとこの辺りはバナナの木が多く、良い雰囲気でした。<br><br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_2014121202284484b.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_2014121202284484b.jpg"/></a><br><br>もうすぐカントー到着!<br>というところで、道間違えた。最悪。<br>ちょっと遠回りして橋を二つ越えることに。。<br><br>この橋がものすごくでかかった!<br>この眺めだけでちょっと疲れが…。<br><br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141212023100e11.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141212023100e11.jpg"/></a><br><br>3km弱もある。<br><br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141212022952370.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141212022952370.jpg"/></a><br><br>進むしかない。<br><br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_201412120231495d4.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_201412120231495d4.jpg"/></a><br><br>お、というか、この橋、日本とのコラボ橋だった!<br>JICA協力らしい。<br><br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141212023239145.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141212023239145.jpg"/></a><br><br>なんかちょっと嬉しいね、こういうの!<br><br><br>カントー到着。<br>カントー市場の前のマーケットがお勧め!色々安くて美味しいよ。<br><br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141212023605cc7.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141212023605cc7.jpg"/></a><br><br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_2014121202392147f.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_2014121202392147f.jpg"/></a><br><br>一番オススメ、ソイガー(餅米と鶏肉)、15,000ドン(80円くらい)。<br><br><a href = "http://20140414.blog.fc2.com/img/fc2blog_20141212023947bdc.jpg/" ><img src ="https://blog-imgs-62-origin.fc2.com/2/0/1/20140414/fc2blog_20141212023947bdc.jpg"/></a><br>
    Return to Pagetop