Profile

 アカネ

Author: アカネ
社会人6年目で会社を辞め、夫(イギリス人トライアスリート)とともに自転車で海外へ旅に出ることになった20代女性。
旅歴: 学生時代にヨーロッパを主に、バックパッカー、アパート暮らしなど、色々な種類の旅行を経験。基本ひとり旅はしない主義。

★ランキングに参加してるので、良かったかクリック(1票)お願いします by アカネ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

スポンサー募集中!
Email: koni_coni☆yahoo.co.jp






Latest trackbacks
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
67位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
38

どうやって海外に自転車を持って行くか? 1

出発を前にして、ひとつ課題が。

どうやって、ベトナムまで自転車を持って行くか。


飛行機に乗せるためのハードケースのバイクバッグって、とっても高いんです。
しかも、今回は向うに着いても保管する場所もないし、というか着いた時点で即要らなくなるし、そのためだけにハードケースに入れて持って行くのもばかばかしい。。

ということで、これについては既に以前から方法を考えていて、バイクショップで仕入れの際に積め込めれているダンボール箱を貰って、自転車を解体して持って行こうと思っていました。
因みに怒られるといけないから書いておくと、ジェームズ(旦那)のアイデアです。笑
※ただし、この方法はハードケースと違って安全さにかけるので悪しからず。

ジェームズはまだ大阪に到着しないので、このダンボールGETについては私が担当することに。
いざ、近所にある箕面市内のロードバイク屋さんの中から、まずは「#1-Jyo」さんに行ってみました。



さっそく店長さんに海外へ自転車旅行に出かけるという事情を説明しご協力をお願いしたところ、なんと1軒目にしてすんなりOK頂きました!

「うちでもどうせ捨てるものだから、いいですよ。」と。

しかも、その日はちょうど2箱の入荷があり、つぶして捨ててしまう直前というベストタイミング!
これを逃すと次回入荷は9月中旬頃とかで、間に合ってなかったかも。よかったー


写真: 頂いたダンボール

#1-Jyoさんは、関西中心に展開している日本初のバイクステーションを備えたイケてるお店です。

HP: http://1jyo.com/minoo

箕面は山もあって緑が多く、大阪の都心に近い割にとっても環境がいいので、バイクも人気になってきているみたいです。こちらのバイクショップも私が住んでいた時はなかったなぁ。
さて、あとはバイクを分解して梱包作業や!

ダンボールのご提供、本当にありがとうございました!

0

Comment

Comment Form

Comment Form
Only the blog author may view the comment.
0

Trackback

Trackback URL

Search form
QR code
QR
Return to Pagetop