Profile

 アカネ

Author: アカネ
社会人6年目で会社を辞め、夫(イギリス人トライアスリート)とともに自転車で海外へ旅に出ることになった20代女性。
旅歴: 学生時代にヨーロッパを主に、バックパッカー、アパート暮らしなど、色々な種類の旅行を経験。基本ひとり旅はしない主義。

★ランキングに参加してるので、良かったかクリック(1票)お願いします by アカネ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

スポンサー募集中!
Email: koni_coni☆yahoo.co.jp






Latest trackbacks
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
67位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
64

住みたいと思うビーチの街、ニャチャン!!

ベトナム随一のビーチリゾート、ニャチャンにかれこれ一週間程滞在しています。

はっきり言って、今まで行ったベトナムの街の中で、1番好きな街です!

ビーチが素晴らしくホリデー客も多いため、人々は外国人慣れしているものの、現地の人達もハノイほどは外国人に対してがめつくなくフレンドリーな人が多い。

こちらがビーチ。



カイトサーフィンなどのマリンスポーツもできます。



街は活気に溢れ、適度に都会。

高い建物もたくさんあります。



ビーチ沿いには大手外資系ホテルも展開しています。

インターコンチネンタルホテル。



シェラトンホテル。



そして、まだまだ続々も大きなホテルが建設中です。

何人かの観光客と話をしましたが、中にはここがすごく気に入っていて、何回もリピートして来ている人達もいました。

何というか、とにかく過ごしやすい街です。

私たち夫婦も、初めは一週間滞在の予定が、10日間に伸ばすことにしたくらいです!(本当はもっといたいけど、我々のベトナムビザは3ヶ月しかなく、他にも行く予定の街があるので。。)

◼︎長期滞在にどこに泊まるのか

今回滞在したのはこちらの、MAI HUY HOTEL。


ロンリープラネットで見つけました。二つ星。家族で経営していて、この家族がまたフレンドリー。
一週間滞在するので、ちょっとまけてもらい、1泊一部屋200,000ドン(約1,000円)にしてもらいました。
1人1泊500円換算!
エアコン、ホットシャワー、冷蔵庫。窓のある部屋で、悪くない。
冷蔵庫の中の有料の水も、1.5リットル8,000ドン(約40円)でかなり他の街のホテルに比べても良心的!

ビーチまでは徒歩4分!




10泊しても合計1万円。
ここはかなりお得でしたが、基本的にベトナムは宿がとっても安いのです。

因みに今まで泊まった最安ホテル(ゲストハウスやユースホステルには泊まってません、全てエアコン付きでした)は、1泊700円。でもそこは何か刑務所みたいだったー。

◼︎ジェームス(夫)、お誕生日おめでとう!

ここでの滞在中、夫、ジェームスの誕生日だったため、日帰りボート旅行に参加しました。

ロンリープラネットお勧めのFUNKY MONKEYで申し込み。



プランは、四つの小島に立ち寄りながら、

・水族館(オプション、別途入場料金)
・シュノーケリングかスキューバダイビング(スキューバダイビングは別途料金)
・船の上でランチ
・ビーチで遊ぶ(この小島入場料も、別途料金)
・ボートの上でライブミュージック
・海で泳ぎながら(浮き輪)カクテルパーティー

朝の9:30からビール飲み始めて、、いわゆる、パーティーボートですね。



今回乗り合わせた人達は韓国人が多かった!でもスタッフの人曰く、その前の日はイギリス人ばっかりだったそうです。
その他、今回はアメリカ人、イギリス人、中国人、ベトナム人の人達が同じ船に乗り合わせました。



ジェームス含め、いわゆる西洋人は大はしゃぎ!
この辺、ちょっとアジア人のノリとは違うなぁと、はたから見ていてアジア人と西洋人のパーティー騒ぎのノリの境界線みたいなものを感じていたのですが、なにせその日は夫、ジェームスの誕生日なので、私もパーティーモード組に参戦しないわけにはいきません!

こんなに騒いで他の乗客に迷惑じゃないかなぁ、と日本人的なことも考えつつ、でもこれはそもそもパーティープランのボートなんだし、気にしなくていっか!彼らが間違ったボートを選んだんだ、と開き直ることに。笑

スタッフの人達も断然こっちのパーティーモード側なので、結局始終ベトナム人スタッフと、ジェームス率いる(?)パーティーモード組で大はしゃぎしておりました。



ランチタイムの風景。
椅子がテーブルに変身!



小島のビーチ。
エントランスフィー30,000ドン(約150円)。



お金払うだけあって、とてもいいビーチでした。

船上ライブも超楽しかった!



ノリノリのスタッフが盛り上げてくれます。

乗客をステージに呼んで、それぞれの出身国の曲を弾いて一緒に歌ってくれます!!

まずはENGLAND!



KOREA!



VIETNAM!


この船の上で出会った人達とは仲良くなって、夜も街に帰ってから一緒に出かけました。

本当に楽しい1日でした!

HAPPY BIRTHDAY, JAMES!


◼︎遺跡もある街、ニャチャン

ベトナム国内には、中部から南部にかけて至る所に8~17世紀に栄えたチャンパ王国時代の遺跡が残っています。

1番有名なのはミーソン遺跡ですが、自転車で走っていても、クイニョンあたりでもたまに山の上に遺跡が立っているのを見かけました。

ニャチャンにも街の中心街から車で10分くらいのところにポーナガール塔(Thap Po Nagar)という遺跡が残っています。



私たちは自転車で行ってきました。

入場料は22,000ドンで約110円。
私たちは自転車の駐車代、2,000ドン(約10円)/1台も払いました。





ポーナガールとは、神のようで、建物の中にはポーナガール神が祀られています。



中は神聖な場所なので、靴と帽子を脱いで入らなければいけません。
また、太ももが出てる格好もダメ。

膝上の短パンやスカートを履いている場合は、長い服を貸してくれるのでそれを着ます。

こんな格好。



我ながら、なかなか似合っていると思う!

◼︎ニャチャン、まとめ

とにかくニャチャンはビーチが素敵なリゾート地。
ベトナムの中では都会の街ですが、大き過ぎず人々もフレンドリーで外国人慣れしている点で過ごしやすい。
観光地なだけあって人の出入りも激しい街なので、コミュニティに敷居の高さが感じられず、"外国人"からすると居心地が良い。

私の中では、今のところベトナムの中で住みたいと思う街、断トツ1位です!!

次回の休暇の際に、ぜひここに来てみてはいかがでしょうか?
0

Comment

Comment Form

Comment Form
Only the blog author may view the comment.
0

Trackback

Trackback URL

Search form
QR code
QR
Return to Pagetop