Profile

 アカネ

Author: アカネ
社会人6年目で会社を辞め、夫(イギリス人トライアスリート)とともに自転車で海外へ旅に出ることになった20代女性。
旅歴: 学生時代にヨーロッパを主に、バックパッカー、アパート暮らしなど、色々な種類の旅行を経験。基本ひとり旅はしない主義。

★ランキングに参加してるので、良かったかクリック(1票)お願いします by アカネ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

スポンサー募集中!
Email: koni_coni☆yahoo.co.jp






Latest trackbacks
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
67位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
72

またしてもヒッチハイク?Googleマップにうっすらとしかない道で自転車パンク。

ムイネービーチから、今度はカッティエン国立公園(Cat Tien National Park)という、低地熱帯雨林のジャングル目指して数日かけて自転車で移動。

その道中、ダラットへ行く途中以来またしてもハプニング発生!!

我々夫婦は、とにかく国道とか交通量の多い道を避けたいがために、Googleマップでうっすら書いてある抜け道を通ることにしました。

はじめは良かったんです。

ムイネービーチ出発。



産地のドラゴンフルーツ大量に積んだトラックとか見かける。



その日は1泊160,000ドン(約800円)の宿に泊まる。
余談ですが、ここが結構良かった!



部屋の外にスペースがあるから持ってるハンモック勝手に張ってみた。



----------

問題は次の日。

Googleマップにあるはずの道は存在し、新しくて平らでとても快適でした。

はじめは。



が、かなり(5分の4くらい)進んだところで、それは途中で工事中の道になり、砂利道に。



程なくして、夫、ジェームスの後輪がパンク!

キットもあるので直せるけど、でもあと4回分くらいしかない。
残りの道も、これだけガタガタだと、パンクを繰り返すだけかも。
でもあと少しだしなぁ、、と思っていると、干し草を積む用のトラックが通りかかりました。

ダラット行きの時もそうだったけど、ベトナムの人達は本当、親切で、パンクだとわかると、トラックの荷台に自転車乗っけて運んでくれるとのこと!!(全てジェスチャーだけど)



このまま砂利道が続くと結構大変だし、、ということで、お言葉(ジェスチャー)に甘えて乗せてもらうことに。



因みにトラックには既に3人マックスで乗っていたので、私とジェームスも荷台に乗ることに。





これがまたかなりスリリングでした。。

トラックの荷台ってめっちゃ揺れる!
特にこのガタガタ道、身体を柔軟にしておかないと揺れる衝撃で荷台の角とかに当たって骨折とかしそう。



正直、自転車のヘルメットしてて本当に良かったと思った。

あと、こういう時のコツは、全身の関節を緩く少し曲げておくこと、必要に応じてジャンプすること!
関節を伸ばして突っ張ってたら衝撃が逃げれない。
全身サスペンションにすることが重要です。

って、こんな状況にはほぼなることはないと思いますが。。



それにしても、こうやって道はできていくんですね。



ベトナムはあらゆるところで新しい道を作っているので、国道とか、工事現場を通ることはよくあります。
通るって、横目にではなく、出来かけの道の上をぐんぐん通って行くのですが。
たとえ、まだ造りかけの道でも、もう通れそうなところは気にせずみんな通って行く雰囲気の国です。

日本とか、ここまではでにやってるところは入れない?気がする。

----------

そして、トラックは隣町のパンク修理屋さんの前で止まりました。
なんて親切なんでしょう!

何度もベトナム語でお礼を言って、お礼にいくらか渡そうともしたのですが、断られました。
そして、彼らは爽やかに去って行きました。。


干し草、積み下ろしたあとに発見されて、良かった。
0

Comment

Comment Form

Comment Form
Only the blog author may view the comment.
0

Trackback

Trackback URL

Search form
QR code
QR
Return to Pagetop